毛の処理、間違えてませんか?肌を痛めずに脱毛!

ムダ毛の処理、今では小学生の女の子でも気を遣うくらい常識的になっています。

 

 

でも知っていますか?

 

貴方がやっているムダ毛処理が間違っている可能性を…!

 

 

私ははじめてこの話を聞いた時ビックリしました。

 

 

まさか今までの毛の処理が間違えていたなんて!

 

 

ではその詳しい内容を下でお話します。

 

 

 

カミソリ?なにそれおいしいの?

 

 

誰でも簡単に手に入れることができるカミソリ。

 

 

なかには父や兄の髭剃りを拝借して使っている人もいるのではないでしょうか?

 

私も昔から毛の処理は祖父がお風呂場に常に置いていた髭剃りでした。

 

 

姉がいたので、はじめは見よう見真似で毛を剃っていましたが、高校生になるころには自分でカミソリを用意するくらいになっていたんです。

 

 

そして、なによりの間違えが「シェーバークリームを使わなかった」事にあります。

 

 

肌は見た目以上に繊細です。

 

特に若い女性の肌はとても柔らかいので、ちょっとしたケガもすぐにしてしまいがち。

 

そんな柔肌の上を、あの鋭い刃物が滑っているというだけで恐怖ものです、いまでこそそう思います。

 

でも昔はそんな知識もなかったので、毛がうまくそれないところはちょっと力をいれてカミソリを当てていました。

 

少し古くなった刃でも「まだいける…」と自分に言い聞かせて使っていたのです。

 

その結果が今の肌です。

 

うるおいも柔らかさもない、乾燥した肌が今の私です。

 

 

クリームがないのなら、せめてボディーソープを使って!

 

 

クリームを用意して使った方が100倍いいですが、やはり学生ともなるとクリームを用意するのは大変、という家庭もあると思います。

 

私も母がいない家庭だったので、ムダ毛処理に関して気にしてくれる人がいなかったのが今の惨劇につながっています。

 

姉も早くに嫁いでしまったのも原因の一つかも…?

 

 

それにしても、調べずに続けていたことが今になってよくなかったことと知るのはつらいですね。

 

 

毛の処理は、一番は専門家に任せるのが一番

 

 

社会人になってから知った脱毛サロン。

 

今では学生でも親と一緒に脱毛サロンに行く、という人もいるそうですね。

 

昔じゃ考えられませんが、自分の肌を労わって綺麗になりたいのなら専門家に脱毛してもらうのが一番ですね。

 

しかも、昔はチクチクと刺すような痛みがあった脱毛も、今ではピッと機械を当てるだけで終わり。

 

痛みもないし、通院も楽なサロンがたくさんあります。

 

 

今は若いからいいですが、もし将来素敵なドレスを着て結婚式を挙げたいのであれば、早いうちから脱毛サロンを考えておくことをオススメします。