ムダ毛処理の豆知識!こうしておけば肌を痛めない!

ムダ毛処理の豆知識!

 

これを知っておけばもう怖くない☆

 

 

 

ムダ毛の処理を初めて運十年の私が集めた豆知識、ここに公開です!

 

 

知らないことがあれば、周りの友達にシェアしてくださいね。

 

 

 

それでは早速カミソリのムダ毛処理からご紹介していきます!!

 

 

 

カミソリで毛の処理をするなら…

 

 

一般的に、カミソリが一番ムダ毛処理に使われているのではないでしょうか?

 

 

最近は女性専用のカミソリも登場して、私の豆知識も無駄になりそうです。

 

 

そんな私の豆知識は、カミソリで毛を剃るとき必ず毛に逆らうことなく剃る!というもの。

 

 

ついつい毛が生えた方へ逆ぞりすることも多いと思いますが、そうしていると剃った毛が太く生えてきがちです。

 

 

面倒ではありますが、毛の流れに沿ってそーーっと優しく剃ってあげるのがカミソリのコツ。

 

 

この剃り方にしてから、毛の濃さが薄くなったように感じます。

 

今もカミソリを使っているという人は、ぜひ今夜から試してみてくださいね!

 

 

 

 

脱毛クリームで処理するなら…

 

薬局で気軽に買うことができる脱毛クリーム。

 

じつは私昔使ったことがありますが、肌がヒリヒリ痛くなってしまい時間を置くことなく流してしまいました。

 

 

最近のクリームはそうでもないので、昔買った脱毛クリームは粗悪品だったのかもしれません…。

 

 

そんな脱毛クリームの豆知識は、ずばり一度お風呂に入る!ということです。

 

 

クリームを使ったあとにお風呂に入るから二度手間で面倒!と思うかもしれません。

 

でもお風呂に入っていた方が、毛穴にしっかりクリームが入り込んでくれるのでうまく脱毛することができます。

 

しっかり毛穴を綺麗にしてから脱毛クリームを試してみてくださいね!

 

 

毛抜きでムダ毛処理するなら…

 

最後に、地道な作業で毛の処理をしている毛抜き派の皆さんへ。

 

これは豆知識というより、気を付けてほしいという意見です。

 

 

毛を引っ張って抜くことによって毛穴が傷つき、ブツブツになってしまうこともあります。

 

できるだけ優しく、痛くないように抜くことが大切。

 

 

また、眉毛を毛抜きで抜いている人!

 

出来る限りやめた方がいいです。

 

昔は細眉が流行っていましたが、今は太めの眉毛が流行っています。

 

毛抜きで眉毛を抜いていると、そのうち毛が生えてこなくなるので憧れの太い眉にできなくなる可能性があります。

 

アイブロウで書けばいい、という話もありますが、すっぴんの時に眉毛がない彼女・奥さんは正直可愛くない。

 

できるだけ自然な眉毛を手に入れましょう。

 

 

 

以上、ムダ毛処理をする上での豆知識でした!